Category Archives: Twitter

Twitterizerメモ – 非同期処理

Twitterizeで用意されているクラスには、

  • OAuthUtility ・・・ 認証系
  • TwitterUser ・・・ ユーザ情報系
  • TwitterStatus ・・・ ステータス処理系
  • TwitterDirectMessage ・・・ ダイレクトメッセージ処理系
  • TwitterList  ・・・ リスト機能系
  • TwitterSearch ・・・ 検索処理系
  • TwitterFriendship ・・・ 各種フォロワーの情報系
  • TwitterFavorite ・・・ Favorite機能系
  • TwitterTimeline ・・・ タイムライン取得系
が存在するみたいです(参考:[C#]TwitterクライアントライブラリはTwitterizerがイイみたいおちラボ)
今は、その中の
  • OAuthUtility
  • TwitterTimeline
  • TwitterStatus
の三つを使ってクライアントを作っています。
read more »

Twitterizerメモ – トークン取得(OAuth認証)

Twitterizerを使ってOAuth認証をする際のメモ。

OAuth認証をする際は、

//コンシューマーキー・コンシューマーシークレットの設定
const string consumerkey = "Your Consumerkey";
const string consumersecret = "Your Consumersecret";

//リクエストトークンの取得
OAuthTokenResponse oatr = OAuthUtility.GetRequestToken(consumerkey, consumersecret, "oob"); //第三引数はよくわかんないけど、oobらしい

//認証画面へ誘導(ブラウザを開く)
Uri uri = Twitterizer.OAuthUtility.BuildAuthorizationUri(oatr.Token);
Process.Start(uri.ToString());

//PINコード入力画面を表示
inputPin pin = new inputPin();
pin.ShowDialog();

//PINコードで認証
string pincode = pin.textBox1.Text;
OAuthTokenResponse res = OAuthUtility.GetAccessToken(consumerkey, consumersecret, oatr.Token, pincode);

//トークンを変数へ格納
access_token = res.Token;
access_token_secret = res.TokenSecret;

//認証が完了した旨を知らせる
MessageBox.Show("認証完了!","確認",MessageBoxButtons.OK,MessageBoxIcon.Information);
とする。
端的に言えば、OAuthUtilityクラスを使って認証をしてやればOK。
得た情報はテキストファイルかなんかに保存しよう。

クライアント制作ではまったこと

さて、最近はTwitterizerでクライアント制作を進行し始めたわけですが・・・。
ググってみても、情報が少なすぎて実装したい機能が実装できずに悪戦苦闘中です。

とりあえず、今はTL取得と投稿だけ出来る状態です。
で、TL取得でちと問題が発生。
read more »

久々に制作物に着手



musictweetingが完成して以来、私は精神面で無気力状態となりアプリ制作に着手していませんでした。
まぁ、そうなってしまった理由は今までのブログ記事を参照してもらえればわかります。
で、最近はそれに暑さが加わり、精神状態はさらに悪化してしまいました。

しかし、こんなことでグズグズしてはいられないので、再びアプリ制作に着手することにしました。
今回は、今まで完成させると口だけだったTwitterクライアント。
いや、musictweetingが完成したので嘘はついていませんが、やはりちゃんとしたアプリを作ってみたいな~とか思ったり・・。

で、今まで自分専用に・・と着手してきた中途半端だったプロジェクトを一掃して1から作り直しています。
その理由として、今まではライブラリに頼らずに作っていましたが、プログラミング初心者レベルな私にはハードルが高かったのでライブラリを使うことにしたらです。
使用するライブラリは、Twitterrizer。
使い方を調べても、あまり情報が出ていないのですが、これを使えば本格的なアプリを手軽に作れるとういうことで使用しました。

現在は、とりあえずOAuth認証とTwitterへの投稿が出来ている段階です。
これから、TLの取得やその他機能の追加をしていこうと思っています。
今回こそは、自分が納得いくクライアントが作れるようにモチベーション等を維持していこうと思います。

それではこの辺で。

紹介記事

OpenTween 1.0.0 リリース

いつの間にやらOpenTweenがリリースされていました。
というわけで、早速DLしてみました。



オープンソースだった頃のTweenから派生したクライアントなので、見た目はTweenと大差ないです。
アイコン等がライセンス違反にならないようにオリジナルの物に変えられています。広告も出ません。
本家TweenはVB.NETで作られていましたが、こちらはC#で作られています。

まぁ、今まではVBからC#へのコード書き換えに注力していたということなので機能追加はありません。
今後、どのように動くのかが楽しみです。
とりあえず、広告がないので本家からこちらに移ろうかなぁと考えています。

短いですがこの辺で。

【参考リンク】
老舗Twitterクライアント「Tween」のオープンソース版「OpenTween」が公開窓の杜