マイナンバーカードを入手した


マイナンバー総合サイトより

どうも、サツキです。

最近は、幾度も台風が日本列島を襲い、西日本を中心に被害をもたらしました。
さらに、北海道で最大震度7の地震も観測され、現地には大きな被害をもたらしました。
このような自然災害で、多大な被害を被った地域には一刻も早い復興を祈るばかりです。
自然災害は甘く見ると痛い目を見ますから、被害が無かったところでも備えをしっかりとしていかないとですね・・・。

さて、前置きはこのくらいにして・・・。

7月末くらいにマイナンバーカードの申請をし、先日、受け取ってきました。
理由は紙っぺらで持っておくのは不安だったのと、住民票や印鑑証明の写しがコンビニでも受け取れるようになるのが便利そうと思ったからです。
区役所でも、市民カードか住基カードを所持していて且つ、自動発行機が設置してあれば休日でも発行は出来るのですが、区役所自体が遠いと億劫になるし、中々取りに行く時間が作れなかったりしますからね。

スポンサードリンク

マイナンバー・・・情報を一元管理されるんじゃ無いかとか、セキュリティが云々とか、色々懸念事項が浮上していましたが、運用が始まった以上は受け入れないといけません。
それに、懸念事項についても、情報管理体制が変わることはありませんし、セキュリティ面も考えられています。
そして、将来的にはカード自体も必要になります。今持っている通知カードはいずれ、プラスチックカードへ置き換えが必要になるでしょう。
それに備えて、早めに動いておこう・・・という目論見です。

さて、申請方法ですが、公式ページにも書いてあるし、ググると解説しているサイトが数多く出てくるので詳細は割愛します。
といっても、やり方は簡単で、スマフォからの申請であれば気軽に出来ます。
スマフォで写真を撮って、申請ページで必要事項を入力し、写真をアップロードして、申請ボタンを押せば完了です。
履歴書アプリを使えば、証明写真機のような目安となる枠が表示されるので、中心に合わせるのが苦手な人は利用してみると良いです。

尚、公式ページにもあるとおり、受け取りまでには1ヶ月ほどかかりますので、e-Tax等を利用している人は早めに申請した方た良いです。

実際、私も7月末に申請して、受け取り可能となったのが8月末でしたので、1ヶ月は掛かっていることになります。
また、スマフォ及び、デジカメ写真で申請する場合は公式ページにある要件を満たしていないと弾かれる可能性もあります。
弾かれた場合は、申請から1週間程度でその通知が来るので、そうなった場合は申請し直しになります。
ちなみに、背景に影があるケースですが、余程大きな影が映り込んでいなければ大丈夫な感じです。
私は、背景に白地の壁を使い、部屋の電気を付けて、壁に頭をくっつけるようにして撮影し、ちょっと影が映り込んでいましたが映り込んだ影の範囲が狭かったからか、弾かれずに通りました。

写真のサイズは、業者の方でトリミングするみたいなので神経質にならなくても大丈夫です。ただ、あまり小さすぎると弾かれるかもしれません。
スマフォの場合、iPhoneだと画像形式が標準でHEIF形式を採用しているため、形式が非対応で弾かれる可能性もあります(公式ではJPEGが指定されている)。
が、私はiPhoneXで撮影した写真をHEIFのままアップロードしましたが、問題なくアップロードされたし、弾かれることも無かったので特に気にする必要は無いかもしれません。心配な人は、HEIFを使用しないよう設定しておきましょう。
補正については、ちょっとした補正(ちょっと明るくする等)なら弾かれないと思いますが、過剰な補正(顔のライン変えたり、目を大きくする等)は弾かれると思います。

で、カードの受け取りですが、通知書が届くので、表に書かれてている場所に、裏面に記載されている期限までに取りに行きます。まぁ、大体は役所の住所だと思いますが。
ちなみに、私の場合は区役所へ取りに行きました。平日に行きましたので、長いこと待たされることはありませんでした。
ただ、説明をする職員がかなり早口でしたので、人によっては追いつけないのでは・・・と思ったりもしました。
とはいえ、渡された紙に書いてあることと同じようなことを言っている感じでしたので、後で紙を見て確認すれば問題ないかなと思いました。

尚、期限を過ぎるとアウトなので、必ずその期限までに取りに行きます。私が確認したところ2ヶ月弱程度の猶予が設けられているようです。
受付時間は、地方自治体にもよりますが、さいたま市の場合は8時半〜15時までです。役所の閉庁時間とはイコールになってない場合があるので注意です。
取りに行く際は、暗証番号を4つ考えておきます。一つは6文字以上16文字以下(英数字)、残りは4桁の数字です。
4つも無理だよ・・・という人は、残り3つに関しては同じに出来るので、2つ考えておけば良いです。私もめんどくさかったので残り3つは同じにしました。
暗証番号の控えはくれるので、無理に覚えておく必要はありません。間違って捨ててしまわないように注意してください。

マイナンバーカードを発行すると有効期限が2つ設けられます
カード自体は10年、電子証明書は5年です。ただし、電子証明書は更新までに猶予が設けられており、それはカードの有効期限である10年目までです。
つまり、電子証明書の更新をほったらかしてしまっても、カードの有効期限が切れない限りはカードの利用自体に影響はありません。ただし、その間、電子証明書を必要とする手続きが出来なくなります(マイナポータルへのログイン等)。
カードの有効期限は、うっかり切らしてしまうとアウトなので、期限が切れるまえに更新しなければなりません。

通知カードには有効期限がありませんから、有効期限が付いてしまうカードにはデメリットを感じるかもしれません。
しかし、通知カードだけではe-Tax等確定申告手続きやコンビニでの各種証明書発行等が出来ませんし、身分証明書にもなりません。
有効期限があるとはいえ、10年もありますからそんなに短いものではありません。

さて、長くなりましたが、手に入れるまでの過程について、感想をまとめると・・・。
  • マフォやPCからの申請は気軽
  • 自撮り写真(デジカメ・スマフォ撮影)だと安上がり
  • iPhoneの場合、HEIFでも問題ない(心配な人はJPEGで保存するように設定すること)
  • 申請〜受け取りで煩わしい手続きはそんなにない
  • 発行までに1ヶ月掛かるのはちょっと長いと感じる
こんなところです。
手に入れてみての所感等は次回以降の記事で触れたいと思います。

ではでは。

参考サイト:

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。