サイト移転その後

どーも、サツキです。

さて、やっとこさVPSへの移行が完了しました。
今回はただのサイト移転ではないので、色々苦労もありました。
というわけで、今のサイトの状況についてちょっと書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

■HTTPS化について
メンテ完了報告記事にて、Mixed Content状態であることはお伝えしましたが、ご覧の通り、現在はほぼ解消しています。
ほぼと書いたのは、一部のページではまだMixed Content状態になっているということです。
主なページは外部リンクが貼ってある、「Link」ページですね。リンク先がHTTPSじゃないとMixed Contentになってしまいます。。。
これについては、HTTPSが利用できるならそちらへ置換し、利用できない場合は仕方ないのでリンクは外します。
そもそも一方通行なので、外してもまぁ、問題ないでしょう。というか、要らないかもしれませんね。

解消にはやはりDBレベルで置換が必要でした。
後は、今までAmazonのくるくるウィジェットを設置していたのですが、どうやらHTTPSに対応していないようなので外しました。
まぁ、商品リンクは個別記事にも貼ってるから、ウィジェットが消えても問題ないだろうという判断です。
Adsenseは対応済みのコードが提供されていました。流石Google先生ですw
URLの置換が必要なので、HTTPS化は楽ではないですね・・・やってみて痛感しています。
Mixed Contentは見つけ次第、随時修正していきます。

■プラグインの挙動
最初、構築時にはHHVMを利用していたのですが、プラグイン周りで不具合が多発したのでPHP7へ変更しました。
AmazonJSというプラグインを使い、商品リンクを整形していたのですが、HHVMだとうまく動きませんでした。

具体的には、
  • 動的テンプレートにて商品名と説明文が出てこない(静的リンクも同様)
  • 記事編集画面で商品リンクを生成しようとするとランキングと画像以外表示されない
といったところでした。

調べた結果、PHP7にしたら解消したという記事が多数見受けられたので変更したら、解消しました。
が、PHP7にしたらしたで、他の古いプラグインではエラーが出てしまい、そちらの修正も多々ありました・・・。

例えば、読者の皆様には影響はありませんが、SEO Slugsを有効化していると下書き保存時に500エラーを吐いてしまう現象が起こりました。
使ってるかどうかも怪しいし、長いこと更新がされていないプラグインでしたので外したら解消しました。
他にも、構文エラーやFatalエラーを直したりと・・・。
古いプラグインや更新されていないプラグインは極力使用を控える方が良いのですが、以前から使っている物だと外すのがなかなか難しかったりします・・・。
(外すと不都合が生じるため)
なので、延命措置ではないですが、こうやって新しい物に対応させていく必要があるわけですね。
本当ならプラグインに頼らない方が良いんですけど・・・。

■CDNとの連携
現在、CDNを通さずに直接サーバーへ接続するようにしています。
CDNはアクセス数の多いサイトとか、転送量に制限のあるサーバーで運用しているときに有効です。
その他にも、サーバースペックが低くてどう頑張ってもサイトの表示が遅かったりするときも、CDNを挟むと多少解消する場合があります。
(CDNでコンテンツをキャッシュするため)

移転の関係で、当サイトは前述したようにしていますが、転送量がそんなにないのとサーバー自体に制限が無いので、外したまま様子を見ています。
今のところ、体感的に表示が遅く感じることは無いですが、様子次第でCDNの設定作業をするかもしれません。
その時の影響はやはり、サイト表示の瞬断があるかもしれない、といったところですね。
あ、これに関しては事前告知無しに行う場合があることを予め断っておきます。影響はそんなに大きくないので。

ざっと書いてみましたが、今の状況はこういう感じです。
まぁ、おかしなものを発見したら随時修正していきますし、チューニングも施していきます。
ページの整理もしなきゃなぁ・・・。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。