デスクトップツールとか

C言語とC++、違いはさほど無いが記述方法が違う。
たとえば、ポインタ変数。
これは、メモリアドレスを記憶する変数のことです。
わからない人は、へーそーなのかー程度に見てください。
K&R(カーニハン&リッチー)が提唱したC言語では、ポインタ宣言をするとき、

int *p
のようにpの前に*(アスタリスク)を記述します。

しかし、これには欠点があるのです。
それは、*ってのは掛け算の演算子だからです。
ちなみに、/は割り算、%は割ったあまりを出す演算子です。
K&Rの記述方では、*pとなっているので、もしこれを2倍しろなんていったら2 * *pという記述になります。
これじゃぁ、2××pと間違えてしまうことがあるそうです。(先生談)
そこで、ANSIというK&RのC言語を改善した規格では、
int* p
のように、左側に持ってきてもOKという風にしました。
K&Rではこのような記述は許可されません。

C++になってからは、より良いプログラミング言語にするために色々と修正されています。
ANSIは、抽象データ型というものを利用し、*pの*を排除することを思いついたのです。
その結果、C++でポインタ宣言をするときは
LPSTR p
のように記述します。
LPSTR=*です。

これなら、冒頭で述べた間違いを犯すことはありませんね。
という、話を実習の時に教授から聞きました。
さて、前置きがかなり長くなりましたね。

本題に移ります。
今日は、デスクトップツール2つとサウンドプレーヤー1つを紹介します。
まずは、デスクトップにCPU使用率やメモリ使用率、ネットワークレスポンス等を表示してくれるツール、「Rainmeter」をご紹介します。

※画像消失しました。スミマセン。※

これはまぁ、こんなスキンあるよ~的な感じで、無意味に複数表示したものですw
こんな具合に表示してくれます。
他にも、ニュースや天気等を表示する機能もあります。
スキンは画像のもの以外にもたくさんあります。
状況によっては便利なツールとなるでしょう。
DL→Rainmeter

お次は、知る人ぞ知る、知っている人には懐かしいであろう「伺か」です。
さくら
これはデフォルトで入ってるキャラクターです。
これは、デスクトップ上でキャラがおしゃべりしたり、キャラをいじくったり出来るツール。
キャラクターにカーソルを乗せると、カーソルの形が変わることがあります。
そのときに、クリックしてみたり、カーソルでなでてみたりすると、キャラクターがリアクションしてくれます。(キャラによって、しないのもある)
機能も色々あります。(ヘッドライン表示とか)
独り言にならないので、見てて面白いw
ちなみに、さくらをこのまま放置するとそのうち寝ます。
寝顔は自分の目で確かめてくださいww
ちなみに、キャラを増やすには「伺か ゴースト」で調べると配布しているサイトとかがいっぱい出てくるので、好みにあったものをDLしてくださいな。
DL→うさださくら

最後は、軽量かつシンプルなサウンドプレーヤー「Lilith」です。

※画像消失しました。スミマセン。※

フェイスはデフォルトから変更してあります。
これは知っている方は結構多いんじゃないでしょうか。
このプレーヤー、シンプルで軽い上に、フェイスをお好みのものに変更することが出来ます。
軽いプレイヤー求めてる人は是非。
DL→Project9k

ちなみに、Winampなんかもお勧め。
こちらは、動画も再生できます。
さて、3つほど紹介しましたが如何でしょうか。
こういったデスクトップアクセやプレーヤーは五万とありますので、興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、伺かは一時期かなりはまった時期がありましたw さくらかわいいよさくら。
そんじゃ、今日はこの辺で失礼しまする(・ω・)ノシ

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.