パソコンで使われる画像

PCユーザーの皆さんはご存じ、JPEGやGIF、PNG、BMP等の画像形式があります。
BMPは、Windows標準のビットマップ画像で、これは無圧縮画像です。
これを圧縮しているのがGIF、JPEG、PNGなわけです。
その中で、今回はJPEGについてのお話。
まずはこちらの記事をご覧ください。

新規保存で劣化していくJPEG形式の画像の様子をとらえたムービー

これは、JPEG画像の新規保存を繰り返すことにより、画像が劣化していく様子をとらえたムービーを紹介している記事です。
着目すべきことは、JPEGは保存を繰り返すと劣化していくこと。
JPEGってのは、非可逆圧縮といって、圧縮したら元に戻せない形式なんですね。
ということは、保存をすればするほど、この記事にあるムービーのように画質劣化が酷くなってしまうわけです。
JPEGは、冒頭でも言ったとおり、画像を圧縮している形式です。

無論、圧縮すると画質劣化は避けられません。
その画質劣化を最小限に抑えてかつ、画像の高圧縮を実現したのもJPEGです。
なので、JPEG画像を編集して保存するのは最小限に抑えたいところですね。
というか、BMPの状態で編集して、それをJPEGに変換するのが良いのかもしれませんね。
とはいえ、ほんの数回でしたら気にならない程度なので、神経質になる必要はありませんけどね。

というわけで、ちょっとした画像に関する記事でした。
ではでは。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

Comments are closed.