Windows 7 RC

5/5から提供が開始されたWindows7。
5/5に届いたニュースレターのリンクはbeta版のままで、DLすることができませんでしたが、翌日にはRC版のページになってたんで、早速DLしてインスコしました。
RC版というだけあって、UIは8割方日本語化されてました。

Alcohol52%も問題なく動作。
こちらは、SPTDを使っているので、おそらくDaemon Toolも動くかと。
CD Manipulatorも動きました。
DVD Decrypterも動作しました。
東方の方は、妖々夢が動作したんで、他のも大丈夫かなと。
あとで、チェックしますけど。

パッチの方は、紅魔は無事にあたりました。
妖々夢は例によって、Vistaと同じエラーが出ましたが、互換性のトラブルシューティングというものを使ったら、無事あてることができました。
で、OS自体の動作ですが、やはりXP並みに軽快ですね。
avast!やWLM等をインストールしてますが、重いと感じる場面はありませんでした。
システムキャッシュも、XP並みでした。

とりあえず、Vistaよりは断然軽いです。
UIの方は・・・言うまでもありませんよね。
Windows起動時は、Vistaみたい黒い背景にバーが表示されるのではなく、「Windowsを起動しています」の白文字の上にロゴが現れるようになってました。
起動音はVistaと同じですが、起動音が鳴る時にはWindowsのロゴが表示されず、ログオン画面に移るようになってました。
総評としては、これは期待できるかもしれません。
発売が楽しみです。

とはいえ、まだすべてのソフトが互換性を保っているとは言い難いので、この後色々とテストしていこうかと思います。
何か分かりましたら、順次報告記事を書くつもりです。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.